古代出雲から伝わる出雲勾玉(まがたま)

たまゆら(水木しげるロード)


水木しげる記念館より西へ100mの所にお店はあります。

勾玉は縄文時代より出雲玉造で作られた特別な装飾品です。

形状は出雲玉造独特の柔らかい曲線の物。

2000年以上前の技術が、現代へ受け継がれています。

出雲の神々も装飾品として身につけた古代のアクセサリーです。

出雲の古代遺跡から美しい勾玉が発見される事から、古代の人々には大変重要な物だったと思われます。

いろいろな種類の石から勾玉が選べます。

その他にも沢山の種類のアクセサリーが有ります。



inserted by FC2 system